カテゴリー別アーカイブ: WordPress

Globatでのwordpressのインストール

1)コントロールパネルのWEBSITEのWordPressへ
WS000000

2)Installボタンをクリック
WS000001

3)インストール先のドメインを指定
WS000002

4)ファイルが存在してると注意を促してくる。問題なければContinue。
WS000003

5)チェックボックスを選択して詳細を開く
WS000004

6)WordPressのタイトル、ユーザー名、パスワードを入力。
WS000005

7)インストールを開始するとページ上部にプログレスバーが表示される。
WS000006

8)ViewProcessesをクリック。
WS000007

9)ドメイン直下にインストールするとWordPressよりデフォルトのファイルが優先で表示されてしまう。FTPで「Home.html」を消してやればいい。
WS000008

10)インストール完了。案の定英語版である。普通に頑張れば日本語化できる。海外サーバーの特徴なのか知らないが、独自のプラグインがいくつかデフォルトでインストールされている。
WS000009

DreamHostでのwordpressのインストール

簡単インストール機能があるが日本語化の手間がかかるのでその機能は使わず手動でインストールしたほうがいいかもしれない。DreamHostの契約ができた人ならきっとできるだろう。

ここではいつものように簡単インストール機能による手順を示す。

1)左上のToolboxのOne-Click Installsをクリック。

WS000000

2)ポップアップの左下のCustom Installationをクリック

WS000001

3)適当に設定して下のInstall it for me now!ボタンをクリック。

WS000002

4)一応インストール完了。

WS000003

5)しかし英語版がインストールされる。日本語化するにはwp-config.phpに「define(‘WPLANG’, ‘ja’);」を記述し、言語ファイルをアップロードする必要がある。wp-contentディレクトリ以下のlanguageディレクトリのことだ。

WS000004

6)あとデフォルトでテーマがやたらとインストールされている。更新が面倒なので消してしまいたいところだ。

WS000005

XREAプラスでのwordpressのインストール

管理画面に入るのもドメインの設定をするのも難解なXREAですが、
WordPressのインストールもまた一癖あります。
しかしインストールできてしまえば動作は安定。
頑張って入れてしまいたいところです。

1)左メニューの「マイドメイン利用→同期設定」にて設定するディレクトリに対してインストールしていきます。

WS000005

2)左メニューの「CGIインストール」より。「設置場所・パス」にはさきほど設定したのを入力。

WS000001

3)インストール完了(とは名ばかりなのだが。)

WS000002

4)左メニューの「データベース」からデータベースを作っておく。

WS000006

5)インストールしたURLへアクセスすると「wp-config.php」かないといわれる。

WS000003

6)かまわず進んでいくWS000004

7)DBの情報を要求されるので、先ほど作成したものの情報を入力する。

WS000007

8)指示どおり手動でwp-configを入れる。

WS000008

9)今度こそインストール完了

WS000009

ERROR)ちなみに「Script Error」がでるかもしれない。その場合は/wp-adminディレクトリにある.htaccessを消せばいい。

WS000010